健康に生きる幸せを・・・KO KO RO

CBF(カンナビジオール)とは

CBD

植物にはたくさんのポリフェノールが含まれています。
麻の場合はそのポリフェノールを「カンナビノイド」と呼び、104種類以上の物質が確認されています。

CBDはそのカンナビノイドの中の一つの物質です。

カンナビノイドには、その他にTHCと呼ばれる麻薬成分も含まれていますが、THCとCBDは全く別のものです。
THCはおもに麻の葉に含まれ、茎や種子には含まれていません。そのため、日本の大麻取締法でも麻の茎と種子は除外されています。 麻の種子から取れたオイルをヘンプシードオイルと言いますが、原料となる麻の種類によってその成分は異なります。

一般的にヘンプシードオイルとして売られているものにはCBDはほとんど含まれていません。

ただし、品種改良を重ねた特定の種類の麻の種子にはCBDが多く含まれているものがあります。 CBDは、その特殊な麻の実からしか採れない貴重なものです。

カンナビジオールの詳細については、日本臨床カンナビノイド学会のホームページもご参照ください。

CBD(カンナビジオール)に関するよくある質問

Q CBDオイルやヘンプオイルは違法ではありませんか?
CBDオイルやヘンプオイルは食品として分類されています。
日本の大麻取締法では麻の葉、花、根の利用は禁止されていますが、種子及び茎は規制から除外されています。お届けする種子と茎の抽出物はTHCを含まないので、違法ではありません。

QエクストラCBDオイルにはTHC(ハイになる成分)含まれていますか?
(株)こころが原料を欧州より直接正規輸入をしているエクストラCBDオイルは、規制対象であるTHCは含まれていません。もちろん日本の規制や法律をクリアーしています。
個人輸入による販売ではありません。

QエクストラCBDオイルを飲んでもハイにはなりませんか?
エクストラCBDオイルにはハイになる成分であるTHCを含んでおらず、その反対にオメガ3脂肪酸を含むため、気分が落ち着いたりします。健康を目指す人におすすめされています。

Qヘンプシードオイルとヘンプオイルの違いは?
ヘンプシードオイルとヘンプオイルは同じように考えられていますが、実は違います。
ヘンプシードオイルは麻の種子、及び茎からの抽出物で、原料となる麻の種類によってCBDを多く含むものもあるし、含まないものもあります。
ヘンプオイルは麻全体からの抽出物で、モノによってはTHCを含む場合があります。

Q CBDはどのようにつくられますか?
CBDは魚油に含まれるDHAやEPAのように酸化が早いオメガ3脂肪酸を含みます。
皆様にお届けするCBDオイルは鮮度を保つために当社が発注してから現地で生産し、出来たてを輸入しています。またコールド・プレスという低温圧搾抽出法で作るために、品質の劣化を招く高い温度での加熱もされていません。二酸化炭素による抽出をおこなっています。

Q CBDは私の症状や病気に効果がありますか?
CBDは食品であるため、医療的な効果や効能をうたうことはできません。
知りたい場合は医師にご相談ください。

Q大麻やマリファナとどう違いますか?
大麻やマリファナにはハイになるTHCが高濃度で含まれています。
一方でCBDオイルにはTHCは含まれていないために多く摂取してもハイになることはありません。また原料に葉の部分は含んでいないために成分自体も違います。

Qハイになる成分や葉の部分が入らないと言い切れますか?
はい。輸入の際に毎回成分検査を行い、証明書を提出して輸入の許可を得ています。
また国際的な薬品の生産品質規範であるGMP(Good Manufacturing Practices)と、食品の製造の安全性基準であるHACCEPを取得しているために、厳しい検査が要求されます。
万が一、当社が見落としていたとしても、税関でチェックされ輸入通関ができない仕組みがしっかりとできています。

Q CBDオイルを摂取して大麻の血液検査で陽性反応が出ることはありませんか?
少なくとも当社がお届けする品質のものでは陽性にはなりません。

Q CBDオイルやヘンプオイルには何が含まれていますか?
CBD、クロロフィル(葉緑素)、ビタミン類、アミノ酸、フラボノイド、アルカン(脂肪族炭化水素)、窒素化合物、糖質、アルデヒド(有機化合物)、アルコール、ケトン、色素、グリコシド(強心性配糖体)が含まれています。
お届けのCBDオイルは有機栽培によってつくられていることからも、有機栽培ではない他メーカーと違いが出ます。

QエクストラCBDオイルは医療大麻とどう違いますか?
医療大麻にはCBDの他にTHCも含まれています。THCを含まないCBDオイルは医療大麻ではありません。