健康に生きる幸せを・・・KO KO RO

CBDのビジネスをお考えの方へ

CBD は欧米で爆発的に売れ、ゴールドラッシュならぬグリーンラッシュと言われるほどの様相を呈していることはご承知のことと思います。しかし、日本でCBD の原料である大麻製品を扱うことには大きな注意が必要です。
株式会社こころは、約6年にわたるCBD 製品取り扱いの経験により、皆さまに安心できるCBD をお届けすることが出来ます。

イメージ1

こころの製品は本当に安心して取り扱えますか?

大麻製品は「大麻取締法」と「向精神薬取締法」という2つの法律で規制されています。
大麻取締法では、麻の“茎と種子を除く” 麻の利用は禁止されています。
向精神薬取締法では、麻に含まれる物質の一つであるTHC が少しでも入っていることを認めていません。多くの国では0.3% 以下のTHC の存在を認めているのに対し、日本では非常に厳しい規制があると言うことです。
そこで株式会社こころでは、ヨーロッパのCBD メーカーに対し、茎と種子以外が絶対に混入しないこと、及びTHC を完全に取り除くことを依頼し、メーカーは日本専用ラインを作って対応してくれました。
さらに、公平な第3者機関に分析を依頼し、THC が完全に含まれていないことの証明も得ています。
ですから、株式会社こころがお届けする製品は安心して取り扱っていただくことが出来ます。

イメージ2

製品の質はどうですか?

多くのCBD 製品にCBD オイルからCBD のみを抽出(アイソレート)し、それをオリーブオイルやココナツオイル等に混ぜ合わせたものが見受けられます。しかし我が社の製品は原料を麻のみしか使っていません。麻に含まれるCBD 以外の物質やテルペン類と言われる物質との相乗効果(アントラージュ=取り巻き効果と言われています)が健康に役立つという報告もあります。
また、原料となる麻も多くはビニールハウスで水耕栽培で育てられているものもありますが、我が社の製品となる麻は、東欧の今まで農薬を使った履歴のない土地で、太陽の光をいっぱいに浴びて育てられています。生産にあたっては、医薬品の製造規範であるGMP を遵守し、食品の安全基準であるHACCEP 認証の工場で、コールドプレス法という、成分を破壊する熱を加えない方法で生産されています。
残留農薬、重金属類も一切含まない、オーガニックにこだわった製品をお届けする製品の質には自信があります。

供給は安定していますか?

輸入しようとしたら税関で止められてしまって、スケジュールが大きく狂ってしまって困った、という話しも耳にします。
しかし我が社の製品は、前にも述べたように日本の法律に完全に適法のものをメーカーの協力の下に作り、輸入していますので、そのような心配はありません。
しかし、オーガニックで生ものですので、メーカーは作り置きせず注文があってから作り始めますので、お届けには2~3ヶ月かかることをご理解ください。

原料販売と共に OEM もお受けしております。
お問い合わせは…info@cbd-kokoro.co.jpまで